買い替え差額・交通事故の物件損害(物損)

次のような買い替え差額が、物損として認められます。

全損もしくは修理が著しく困難な場合には、事故時の時価相当額と売却代金の差額が認められます。

  交通事故の専門家は「顔が見える」ことが重要です。
サイトの内容とメール相談等で専門家の専門性を、
ブログ等で賠償までのパートナーに相応しいかどうかを確認の上
お問い合わせ・ご依頼をいただければと思います。
  交通事故・被害者相談駆け込み寺ホームへ

▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい