修理費・交通事故の物件損害(物損)

次のような修理費が、物損として認められます。

修理が相当な場合、適正修理費用相当額が認められます。

また、修理をせず、今後も修理をする予定がないとしても、現実に損傷を受けている以上は、損害はすでに発生しているとして、修理費相当額が認められた例があります。

とりあえず、修理工場で、見積もりを出してもらいましょう。

事故車両の、時価を上回る修理費用は認められません。

  交通事故の専門家は「顔が見える」ことが重要です。
サイトの内容とメール相談等で専門家の専門性を、
ブログ等で賠償までのパートナーに相応しいかどうかを確認の上
お問い合わせ・ご依頼をいただければと思います。
  交通事故・被害者相談駆け込み寺ホームへ

▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい