労災と交通事故

自賠責は、自動車社会から、被害者を守る保障制度であることは別のページでご説明しました。

しかし、それと似たような保障制度が他にもありますよね。

そうです。

労災です。

労災は、人が働いて収入を得て生活をする、つまり、絶対に避けられない労働の中の、避けられえない労働災害、労働事故から、労働者を守る保障制度です。

対象が交通事故・自動車社会・交通事故被害者、労災事故・勤労で収入を得る社会・労災被害者と違ってはいるものの、現代社会から決してなくすことのできない不幸な事故から被害者を守る保障制度という点において、この二つは、まったく趣旨を同一にした制度といえます。

ここでは、この2者の類似点、密接な関係について説明していきます。

これを知ることで、交通事故被害者は、より適切に、自動車事故損害から救済されることになります。

  交通事故の専門家は「顔が見える」ことが重要です。
サイトの内容とメール相談等で専門家の専門性を、
ブログ等で賠償までのパートナーに相応しいかどうかを確認の上
お問い合わせ・ご依頼をいただければと思います。
  交通事故・被害者相談駆け込み寺ホームへ

▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい