診療報酬明細書(レセプト)の注意点

1、診療報酬明細書には、診療の内容、回数・量とその単価が記載されています。

したがって、これをみると診察の概要がつかめるはずですので、逆にこれから傷害の症状の内容・程度をうかがい知ることができます。

また、検査内容もわかるので、診断の正確性もチェックする手掛かりともなります。

さらに、診断書やカルテと対比すれば、診療の妥当性のチェックもできます。

2、診療費の単価も記載されているので、診療費の金額の相当性も判断できます。

しかし、いずれも判断も医師、専門家の援助協力を受けなければ困難な作業ではあります。

診療報酬明細書は、パソコン出力が多いので、読みやすいです。

  交通事故の専門家は「顔が見える」ことが重要です。
サイトの内容とメール相談等で専門家の専門性を、
ブログ等で賠償までのパートナーに相応しいかどうかを確認の上
お問い合わせ・ご依頼をいただければと思います。
  交通事故・被害者相談駆け込み寺ホームへ

▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい