付き添い看護費・交通事故の人身損害(傷害・入通院)

付添看護費は、被害者の家族からすれば、付添看護が発生するのは当然であり、認められるべきと思われがちですが、他の入通院(傷害)部分の損害からみれば、基準は厳格に感じるかもしれません。

ちなみに、交通事故に遭った妻のために、高給取りの夫が仕事を休んで付き添いをした場合、夫の休業損害を請求したくなりますが、高給をそのまま認めることはせず、職業付添人の日当ぐらいが支払われるようです。

高給が取れなくなるのが嫌なら、職業付添人を雇え、ということですね。

  交通事故の専門家は「顔が見える」ことが重要です。
サイトの内容とメール相談等で専門家の専門性を、
ブログ等で賠償までのパートナーに相応しいかどうかを確認の上
お問い合わせ・ご依頼をいただければと思います。
  交通事故・被害者相談駆け込み寺ホームへ

▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい