病的反射・バビンスキー

バビンスキー(babinski)徴候は、足底部の外縁を刺激すると、足指、特に親指がゆっくり背屈し、指が開く下肢の病的反射です。

病的反射とは、障害が無いには出現しない反射で、中枢神経系の障害により出現します。

他の病的反射は、障害が無い場合にも出現することがあるので、そういうことがない、このバビンスキーのみを、病的反射と表現することがあります。


▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい