上肢(肩)の運動の種類

上肢(肩)の関節可動域は、

主要運動が屈曲及び外転+内転

参考運動が伸展及び外旋+内旋

となっています。

主要運動 <屈曲> 参考運動<伸展>

初音ミクの肩・屈曲MMD

・基本軸が肩峰を通る床への垂直線

・移動軸が上腕骨

・測定肢位は立位または座位

前腕は中間位とします。

体幹が動かないように固定します。

脊柱が前後屈しないように注意を払います。

主要運動 <外転+内転>

初音ミクの肩・外転・内転MMD

・基本軸が肩峰を通る床への垂直線

・移動軸が上腕骨

・測定肢位は立位または座位

体幹の側屈が起こらないように90°以上になったら前腕を回外することを原則とします。

参考運動 <外旋+内旋>

初音ミクの肩・外旋+内旋MMD

・基本軸が肘を通る前額面への垂直線

・移動軸が尺骨

・上腕を体幹に接して、ひじ関節を前方90°に屈曲した肢位で行います。

前腕は中間位とします。


▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい