手の運動の種類

手の関節可動域は、

主要運動が屈曲(掌屈)+伸展(背屈)

参考運動が橈屈・尺屈

となっています。

主要運動<屈曲(掌屈)+伸展(背屈)>

・基本軸が橈骨

・移動軸が第2中手骨

前腕は中間位とします。

参考運動<橈屈・尺屈>

・基本軸が前腕の中心線

・移動軸が第3中手骨

前腕は回内位とします。


▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい