股関節の運動の種類

股関節の関節可動域は、

主要運動が屈曲+伸展・外転+内転

参考運動が外旋・内旋

となっています。

主要運動<屈曲>


主要運動<伸展>

・基本軸が体幹と平行な線

・移動軸が大腿骨(大転子と大腿骨外顆の中心を結ぶ線)

骨盤と脊柱を十分に固定します。

屈曲は背臥位、膝屈曲位で行います。

伸展は腹臥位、膝伸展位で行います。

主要運動<外転+内転>

・基本軸が両側の上前腸骨棘を結ぶ線への垂直線

・移動軸が大腿中央線(上前腸骨棘より膝蓋骨中心を結ぶ線)

背臥位で骨盤を固定します。

下肢は外旋しないようにします。

内転の場合は、反対側の下肢を屈曲拳上してその下を通して内転させます。

参考運動<外旋+内旋>

・基本軸が膝蓋骨より下した垂直線

・下腿中央線(膝蓋骨中心より足関節内外果中央を結ぶ線)

背臥位で、股関節と膝関節を90°屈曲位にして行います。

骨盤の代償を少なくします。


▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい