スパーリングテスト

初音ミクのスパーリングテストMMD

頭部を患側に傾斜、後屈して圧迫し軸圧を加えます。

圧迫を加えることにより椎間孔が狭められるので、そこを通る神経根に障害が存在する場合、その神経根の支配領域に疼痛、しびれ感が放散します。

<p世間では、むち打ち損傷において、自賠責が重要な証拠と見るという噂の検査です。

ですが、これが出たからといって、後遺障害が認められることが約束されたりはしませんし、出なかったからといって、後遺障害が認められないとも言えません。

自賠責が、この検査で確認したいのは、その反応が出るか出ないかばかりではないからのように思います。


▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい