後遺障害診断書について

症状固定を迎え、いよいよ後遺障害診断書を書かれる、これが、今後の賠償を左右すると思うと、不安が隠しきれなくなるのは、当然のことではないでしょうか。

当然、医師に、ありもしないことを書いてくれ、と言えるはずはありませんが、必要なことが、うまく伝えられないのも事実。

少なくとも、出来上がった後遺障害診断書の確認すべきポイントが把握できれば、過剰な不安に襲われずに済むのではないでしょうか。

  交通事故の専門家は「顔が見える」ことが重要です。
サイトの内容とメール相談等で専門家の専門性を、
ブログ等で賠償までのパートナーに相応しいかどうかを確認の上
お問い合わせ・ご依頼をいただければと思います。
  交通事故・被害者相談駆け込み寺ホームへ

▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい