ひき逃げで相手がわからない時は?

国が加害者に代わって被害者に対し補償する制度(政府保障事業制度)があります。

加害者が自賠責保険に加入していなかったり、自賠責保険の期限が切れていた場合も対象になります。

請求手続きは、損害保険会社で出来ますので、損害保険会社に問い合わせてみてください。

少なくとも、自賠責保険と同程度の保障を受けることができます。

賠償そのものは難しいものがありますので、それは、ご自身の自動車保険でなんとかできるようにしておく必要があるでしょう。


▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい