椎間板ヘルニア・交通事故被害者が知るべき用語

椎間板ヘルニア

椎間板が退行変性を起こし脆弱化すると共に、広義の外傷によって、髄管がとくに抵抗薄弱部である後方線維輪を突き破って稚管内に膨隆、脱出し、疼痛その他の神経症状を起こすもので、腰椎下部に最も多く頸椎がこれに次ぎ、胸椎では最も少ない。

腰椎のものは最も典型的な坐骨神経痛の原因となり、頚椎では頸腕障害の一因である。

安静によって軽快しないものは手術的に腫瘤を摘出し、あるいはさらに脊椎固定術を行う。


▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい