骨棘・交通事故被害者が知るべき用語

骨棘(こっきょく)

炎症性、変性性、腫瘍性刺激により骨膜内層から成骨骨組織が新生する。この新生骨を骨棘または骨葉という。

それには刺激の種類により、以下のようなものを区別する。

炎症性刺激によるもの(脊椎カリエスにおける架橋形成)、変性性刺激によるもの(変形性脊椎症、変形性関節症)、炎症性、変性性の両刺激によるもの(踵骨棘)、腫傷性刺激によるもの(骨針、コードマン三角)


▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい