筋力の検査・交通事故被害者後遺障害立証

筋力を評価し、神経障害部位を診断する「徒手筋力評価(MMT:manual muscle testing)」は、次の6段階で筋力を判定します。

なお、trick motionに注意が必要であると指摘されていることから、この検査単体で、後遺障害の有用な証明になることは期待しない方がよいでしょう。

5 normal 強い抵抗下で重力に対して可動域内を完全に動かせる
4 good かなりの抵抗下で重力に対して可動域内を完全に動かせる
3 fair 重力に対して可動域内を完全に動かせる
2 poor 重力を除くと可動域内を完全に動かせる
1 trace 筋肉の収縮のみで関節の動きはない
0 zero 筋肉の収縮なし


神経障害部位によって筋力低下の認められる部位が異なります。

C5 三角筋、上腕二頭筋
C6 腕橈骨(とうこつ)筋、手根伸筋橈側(とうそく)
C7 上腕三頭筋、手根屈筋橈側(とうそく)手根屈筋(尺側(しゃくそく))
C8 手根伸筋(尺側(しゃくそく))


▲ このページの先頭へ

お問い合わせはこちら


(面談予約など)
0285-84-2620



スマホからでも打ち込みやすい